読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校留年論

19歳で学ランを脱いだ僕から、君に告ぐ

なぜ留年するのか

イジメに遭っていたのか、不良だったのか、いずれにしても血生臭い

とある漫画で、担任教師から留年しそうな不良生徒へ、警鐘を鳴らす場面がある。 「お前、このままじゃ卒業できんぞ。ただでさえ成績悪いのに身上書にまでキズ付けて、そんなに学校(ココ)が好きか、お前? 後輩にクン付けで呼ばれる覚悟はしとるのか?」 そ…

体調の問題

僕の体はいたって健康だった。病気や怪我などの治療のために休学を余儀なくされ留年に至ってしまった人からすれば、なんて贅沢な頭の悪い野郎だと思うだろう(これは僕自身、当時も現在も認めている)。この療養でというパターンは、偏差値の比較的高め乃至は…

志望校であったか否か

推薦入試で合格した。僕はその公立高校へ入学することになる。 試験は面接と作文。一般入試であったとしても、その高校は僕にとって不安になるような偏差値を求めてはいないらしかった。進学校ではない。工業高校だ。 県内にあるすべての工業高校の中でも、…