高校留年論

19歳で学ランを脱いだ僕から、君に告ぐ

留年してから卒業まで先生方によく言われたこと

・一年生の頃(二回目)

 「辞めなかったんだから卒業しなさい」

 「休むな。来るだけでいいから来なさい。また一年生やりたいのか」

 「去年もここやったぞ」

 「みんなの手本になれ」

 「お前が率先しなさい」

 「早退するな。来たんだから帰るな。また一年生やりたいのか」

 「先輩らしくしろ」

 「課題をサボるな。帰らなかったんだからちゃんとやれ。また一年生やりたいのか」

 「さすがセンパイ」

 

・二年生の頃

 「修学旅行行きたいだろう?」

 「お前の元同級生は卒業するんだぞ」

 「違和感なくなったな。馴染んでるよ」

 「十八歳はもう青年だぞ」

 「就職にしろ進学にしろ、今年中に決めないと。また二年生やりたいのか」

 「さすがセンパイ」

 

・三年生の頃

 「ちょっと老けた一年生がいると思ったらなんだお前か。ジャージの色が同じだからまちがえた」

 「お前の元同級生は社会人だぞ」

 「お前の元同級生が大学生だぞ」

 「十九歳はもう大人だぞ」

 「留年しても辞めずに来て卒業できそうなのに、就職も進学もしないなんてお前どうかしてる。もう一回三年生やるか?」

 「今年で二十歳か。そうか。センパイ、選挙行けよ」

 「なにお前、まだいたの?」(卒業式当日の朝、体育館入場前にて)