タレメーノ・カクの高校留年白書&元芸人社会へ出る

笑われて、笑わせて、笑わせられず、笑う暮らし

方言について

 西日本では大阪の番組が放送されることがままある。中国地方で生まれ育ったぼくもそれをよく観た。ゆえに青春時代、上方の笑いと関西弁には非常にコンプレックスを抱いていたように思う。勝てるわけがないと。

 

 「なんでやねん」

 

 そうつっこんでみたいと、つっこまれてみたいと羨ましかった。

 

 関西以西の言葉で、「なんで? なんでなん?」とか「なんでや!」はある。ところがその尾に「やねん」はつけられない。つけてみなさい。「なんで関西弁なん?」となる。要するに、むっちゃさぶくなる。テレビの力とはやはり凄まじく、ちょっとお笑い好きだったり、お笑い自慢だったりすると、みんな影響のまま簡単に関西弁を使うわけだが(これは幼少期に限らず、サラリーマンでも)、実におもしろくない。おもしろかったものも、おもしろくなくなるのだから、東京人だろうが西日本人だろうが、関西弁圏以外の人間は使わないほうがよいのだ。使いたがるくせに下手なのは永遠のミステリー。

 

 ぼくの昔の友人で岐阜出身のある芸人が関西弁で活動していた。なぜだと聞けば、「名古屋が近い土地で育ったからやん」という。彼が仮に岡山だとか福井の育ちだとして、「関西が近いから」というのは理解できる。方言とはそういうものだから。そう、県境でくっきり変わるものではない。

 

 「名古屋に近い土地で育ったからやん」

 

 育ったからやんの、この「やん」は、育ったからに決まってるとかそんなニュアンスも感じられるわけで。いや、影響を受けるのはわかる。名古屋のローカル番組は有名な人もたくさん出るし、おもしろい番組、それこそ関西の人たちが爆笑をつくっているのだから、広島で憧れたぼくと同じで、それはわかるけれども。

 

 「名古屋に近い土地で育ったからやん」

 

 光浦靖子さんや、スピードワゴンさん、あるいは流れ星さんに同じことを聞かれたら、彼はなんというのか。そういえば、彼の地元は山奥だっといま思い出した。岐阜のど田舎の濃い方言のほうが個性が立っていいと思う一方で、やはり関西弁を貫いてみてほしいとも思う。が、彼の関西弁は拙いリズムで違和感しかない。愛すべき人間である。引退していないことを願う。

 

 「名古屋に近い土地で育ったからやん」